​知能の土台は言葉

こんにちは、柴田です。

 

 

すっかり秋になりましたね、読書の秋です。

 

 

読書、まだ文字が読めないお子さんには読み聞かせ、これももちろんとても大切です、今回はその前のお話です。

 

 

知能の土台は、言葉です。

 

 

言葉を覚える、使える。

 

 

これは、国語の成績がよくなるだけではありません。

 

 

算数も、言葉で考えます。

理科も、言葉で考えます。

体育も、言葉がなければその能力を伸ばすことは出来ません。

 

 

学力は先生の説明を聞き、教科書を読み、言葉で考え、文字で答えを書く。

 

 

つまり、言葉を理解し、言葉で考え、言葉で表現するのです。

 

 

言語能力が、正しく身に付かなければ知能を上げることも難しくなります。

 

 

そのためには、乳幼児の頃からの丁寧な語りかけが大切です。

 

 

あなたは、お子さんに常に丁寧な語りかけをしていますか?

 

 

ついつい、苛立って

「早くしなさい!」

「片づけなさい!」

「言うことを聞きなさい!」

「だめ、だめ!」

「ちょっと静かにしてよ!」

 

 

などと「丁寧ではない」言葉を浴びせがちではないですか?

 

 

こんな言葉ばかりかけていては、言葉の正しい使い方を学ぶことは出来ません。

 

 

また、論理的な思考力を身につけることも難しくなります。

 

 

他人に対してのきちんとした言い方というものも身に付きません。

 

 

人間が何かを考える時

 

 

その時には、必ず主語、述語、接続詞、助動詞などを使います。

 

 

問題を解決しようとする時、頭の中ではきちんとした言葉遣いで考えているはずです。

 

 

そうでなければ、冷静に考えることが出来ません。

 

 

そうすると正しい答えも出すことが出来ないのです。

 

 

論理的思考力を身につけるには、言葉を話すことの出来ない時から始まります。

 

 

ついつい、

疲れているから

忙しいから

時間がないから

 

 

というような理由で乱暴な言葉遣いになりがちです。

 

 

今日から、子供には誠実に話してあげて下さい。

 

 

そして、夫婦間でも出来るだけ丁寧に話し合って下さいね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回のセミナーは、仙台で初のオープンセミナーです。

テーマは、「天才児は遺伝ではありません。こんな育て方で天才になる」

日時 2016年10月22日 9:30 - 12:00
会場 仙台青葉カルチャーセンター
   仙台市青葉区一番町2丁目3-10
   カルチャー仙台ビル
   (仙台駅西口より徒歩7分)

詳細・お申し込みは下記リンクからお願いします。

http://goo.gl/9Qg27D

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • instagram-guide-001

© 2018 一般社団法人 日本母親支援協会

​​日本赤ちゃん学会 正会員

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン