マーガリンの賞味期限は意外に短い

「マーガリンは体に良くないことは薄々聞いていたけど・値段を考えるとマーガリンに手が伸びてしまうのよね」

 

マーガリンの需要が年々減少しているのに対してバターの需要は年々増加しています。といってもマーガリン愛好者はマーガリン3.7に対してバター6.3と、まだまだ需要は多いようです。

 

さて、そのマーガリンですが賞味期限をご存じでしょうか?

 

 

箱に書いてありますが、それは未開封時の賞味期限です。例えば雪印メグミルクの「ネオソフト」は8ヶ月となっています。

 

冷蔵庫にいつも使っているマーガリンの賞味期限を見て「まだまだ先ね」と安心して数ヶ月使い続けてはいませんか?

 

実は、マーガリンは一度開封すると2週間で使い切ってくださいとメーカーでは言っているのです。「それじゃあ、あの賞味期限って嘘じゃないの!」と思いますよね。

 

しかも、たった2週間しか使えないなんて…。ネオソフトは小さいものでも160g、大きいものだと300gもあるのです。

 

 

そんな量のマーガリンを2週間で使い切るなんて考えられませんよね。毎日3食マーガリンたっぷり塗ったパンという家庭は少ないですよね。

どうしてもマーガリンが食べたいというのなら、個包装の製品を購入するという手があります。でも、価格は高くなります。

実は、2週間以内に消費してください。というのはバターも同じです。ですが、バターなら個包装が一般に出回っていますし、バターは冷凍保存も可能なのです。

 

それに対して、マーガリン類は冷凍には向きません。水分が多く、凍結後の解凍時に油分が分離したり、離水したりして味や食感が変わる可能性があります。

そういう面から考えてもマーガリンはお勧めできません。

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • instagram-guide-001

© 2018 一般社団法人 日本母親支援協会

​​日本赤ちゃん学会 正会員

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン