マーガリンはヘルシーな素材?

菓子パン、クッキー、ウェハースなど裏の表示をみれば必ずといってよいほど入っているのが「ショートニング」「マーガリン」。
 


名前の響きから「調理に使うヘルシーな素材?」のように思えるのですが、長期にわたり継続的に摂取すると身体に様々な害を及ぼす原因となるものなのです。
 


子供が大好きなお菓子に入っているマーガリンやショートニング。大人が知識をもっていれば極力避けられるものですし、大人の私たちにとっても動脈硬化やアルツハイマーを招く要素となりえるものの一つなので注意が必要です。

マガーリンは、元々はバターが高いので、その代用として植物油脂を加工して作られたものです。お菓子やパン、クッキー、ケーキなどにも使用されています。

 

 

植物由来だからバターよりは健康的?というイメージを持たれている方も多いですが、マーガリンは自然界に元々存在しない不自然な食べ物なのです。

 

 

ショートニングは、マーガリンから水分と添加物を除いて純度の高い油にしたものです。

 

 

ラードやバターの代用としてサクサク感(英語でShort)を出せて、しかも安価な為、クッキーなどの焼き菓子、フライや揚げ物など幅広く使われています。外食で出される揚げ物に使われる油は多分ほぼショートニングでしょう。

通常、油(例えばバター)は冷蔵庫では固まっていますが、常温では液体になります。

 

 

しかし、マーガリンもショートニングは常温でもトロみのある状態(半個体油)のまま溶けません。

 

 

つまり、ショートニングやマーガリンは科学的に作られた「人工油」で、トランス型という立体構造を持つ自然界に存在しない異常な油なのです。

マーガリンがどのように作られるかというと、液状の植物油に強制的に水素を添加して、あのような半個体の状態に固まらせるのですが、この際にトランス脂肪酸というものが生じます。

 

 

これがトランス脂肪酸という悪者なのです。ショートニングもマーガリンと同じ方法で作られるのですが、マーガリンより倍近いトランス脂肪酸を含みます。

トランス脂肪酸をさける生活スタイルとは?
 

 

  1. その他、「植物油」「植物油脂」「植物性油脂」「加工油脂」の表示のものもトランス脂肪酸を含んでいることが多いそうです。製品の裏ラベルの表示をみて「マーガリン」「ショートニング」とあったらなるべく避ける。

  2. 外食、特にファミレスやファーストフードはなるべく避けましょう。もし行くのであれば、揚げ物は絶対にやめておきましょう。自然界に存在しない人工油で揚げた物、しかも何度も使い回しされた古くて酸化された油が使用されている可能性大です!

 


フライドポテトのトランス脂肪酸含有量はなんと20.5%!!

 


ファーストフードでハンバーガー&フライドポテト&コーヒー(コーヒーフレッシュを含む)をセットにすると、それだけでトランス脂肪酸の含有量が一気に跳ね上がってしまい、日本人が一日平均摂取するトランス脂肪酸の量1.56g(内閣政府安全委員会)を楽々オーバーしてしまいます。怖いですよね。


オメガ3脂肪酸を含む油を摂取しよう!

 

 

オメガ3を含む油の代表は亜麻仁油(植物由来)、そして魚に含まれるDHAやEPA(動物由来)。オメガ3脂肪酸はトランス脂肪酸を抗制させる効果があります。

現時点では、日本において食品中のトランス脂肪酸について、表示の義務や含有量に関する基準値はありません。

 

 

また、トランス脂肪酸だけではなく、不飽和脂肪酸や飽和脂肪酸、コレステロールなどの他の脂質についても表示の義務や基準値もないのです。

トランス脂肪酸が人体に及ぼす危険は多くあがります。動脈硬化、花粉症、免疫力低下、認知症、アトピー、癌など多くの病気に関係していると言われています。

 

 

あなたにしか子供は守れません。幼少期から安全な食生活を送りましょう。オレイン酸やリノレン酸などを含む油を選び、トランス脂肪酸を取り入れないようにしましょう。

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • instagram-guide-001

© 2018 一般社団法人 日本母親支援協会

​​日本赤ちゃん学会 正会員

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン