変わりつつある消毒

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

今までの常識は「乾燥させたほうがよい」「消毒剤でよく殺菌消毒する」…etc.
 

 

ところが、消毒薬はバイキンを殺すだけでなく、キズを治そうとする細胞も殺してしまう可能性があります。

 

 

ですから、砂や泥などの異物が入ってしまったようなキズや、出血のとまらないようなキズ以外であれば、水道水でよく洗えば消毒の必要は無いと考えられるようになりました。
 

 

また、ガーゼでキズを覆ってしまうのもよくないと言われています。キズから出てくる体液は皮膚の湿度を保つだけでなく、キズを治す物質が含まれています。その液体がガーゼに吸われてしまうと、結果的に治りが遅くなったり傷跡が残りやすくなることになります。

 

では、どうすればよいでしょうか?
 

① キズを水道水でよく洗う
② 清潔なタオル、ティッシュなどで押さえて止血
③ 抗生物質入りの軟膏を塗る
④ サランラップやキズが乾燥しにくいタイプの絆創膏を貼る

 

この方法が現在一番よいとされているキズの処置方法です。軽いキズであればこの方法で充分ですが、キズが深かったり、出血が止まらない時はすぐに病院に行って治療を受けてください。

「かさぶた」のお話
 

「かさぶた」はキズが治る途中の過程と言われていましたが、実は治癒の一時停止状態で、逆に「かさぶた」の下のキズが化膿してしまうことも多いのです。体液でいつも湿った状態にして、「かさぶた」ができないようにする方が菌の感染を抑えられるという研究報告もあります。

 

医薬品管理センター

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • instagram-guide-001

© 2018 一般社団法人 日本母親支援協会

​​日本赤ちゃん学会 正会員

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン