町長が異例の「無期限育休」へ

奈良県三宅町の森田浩司町長(35)が無期限での育児休暇を取るそうだ。朝日新聞の取材で明らかにした。自治体の首長のなかには、短期間に終日の育休を取る動きも出ているが、無期限の時間単位は珍しい。新しい「イクメン」のあり方を模索する可能性がある。民間でも浸透しているとはいえない育児休暇。今後の働き方がここにある。

「公務があるので長期間丸々は休めないが、夫婦のニーズを考慮して柔軟に働きたい。子供はずっと育っていくものなので今は期限は定めず、今後の状況を考えて判断していきたい。災害など緊急時はもちろん最優先で公務にあたる」
森田町長はこう語った。

今は、おおむね午前8時半~午後7時勤務。
土日も行事に出席するなど公務が入る場合が多い。

来年1月に第1子を出産予定の訪問看護師の妻(30)は
午前8時半~午後5時半のフルタイムで働き、出産後は半年ほどで復職する考えだ。
森田町長は柔軟に短時間勤務にして育児にあてる。

総務省によると、町長ら地方公務員特別職の勤務時間は地方公務員法で定められておらず、育休制度もない。
​三宅町の条例・規則にも定めはなく、条例改正などの手続きはせず、育休に入るという。

​期限を定めない長期間の育休は聞いたことがない。

​税金で給料をもらっているくせに・・・と言う声もあるかもしれないが、同世代の困りごとを自らが解決していくことで問題の改善に繋げて行きたいと町長は言う。


​小さい町から働き方をめぐる議論に一石を投じた町長。
男性が産休や育休の取得に繫がっていく社会になっていくのであろうか

参照 朝日新聞 2019年11月15日

アカウントをpaypalに登録すれば最大1000円クーポンプレゼント!!「キャッシュレス・消費者還元制度」5%還元実施中です

アカウントをpaypalに登録すれば最大1000円クーポンプレゼント!!「キャッシュレス・消費者還元制度」5%還元実施中です

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • instagram-guide-001

© 2018 一般社団法人 日本母親支援協会

​​日本赤ちゃん学会 正会員

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン