国連で採択されて30年「子どもの権利条約」

​日々の子育てにおいてイライラすることもあるかと思います。そんな時には、ちょっと視点を変えて見ませんか?

 

「子どもの権利条約」を知ることは、大人の視点になりがちな行動や言動を変えるきっかけになりそうです。

「子どもの権利条約(正式名称:児童の権利に関する条約)」は、18歳未満のすべての子どもの基本的人権を保障するために定められた国際条約。

前文と本文54条から成り、

子どもの
「生きる権利」「育つ権利」「守られる権利」「参加する権利」といった4項目を柱に構成され、

それぞれの権利を実現するために必要な事項を具体的に規定しています。1989年の第44回国連総会で採択され、日本は1994年に批准しました。

「子どもの権利条約」は、4つの子どもの権利を柱に構成されています。

(1)生きる権利
防げる病気などで命をうばわれないこと。病気やけがをしたら治療を受けられることなど。


(2)育つ権利
教育を受け、休んだり遊んだりできること。考えや信じることの自由が守られ、自分らしく育つことができることなど。


(3)守られる権利
あらゆる種類の虐待や搾取などから守られること。障害のある子どもや少数民族の子どもなどはとくに守られることなど。


(4)参加する権利
自由に意見を表したり、集まってグループをつくったり、自由な活動をおこなったりできることなど。


※公益財団法人 日本ユニセフ協会ホームページより

本年2019年に、日本への5回目の勧告が公表され、体罰や差別の禁止が緊急の課題として挙げられました。

日本では、子どもへの体罰はしつけの一環とする風潮があるといわれていますが、たたく、怒鳴るといった体罰や暴言は、子どもの脳の発達に深刻な影響を及ぼすことが指摘されており、現在は体罰は避けるべきこととして認識されています。

一方で、ついやってしまいがちな行動で、子供の権利を脅かしている場合があります。

 

例えば、泣いている子供には「意思を表明する権利」があるので、その気持ちを受け止めてあげましょう。「女の子なんだから・・・」と性別で区別するのではなく、その子らしさを尊重して「自分らしく育つ権利」を認めていきましょう。

子どもとの関係に悩まない親はいません。そんな時こそ、「子どもの権利」を意識して、大人の視点だけでみるのではなく、「子どもにとってはどうなのか」と考えると、もっと気持ちが楽になることでしょう。

​「子どもの権利条約」は基本的人権が子どもにも保障されるべきことを国際的に定めた条約です。

​世界中の子どもが、健康的に安心して自分らしく生きれる権利を持っているのです。

2019年9月27日tenki.jpサプリより

アカウントをpaypalに登録すれば最大1000円クーポンプレゼント!!「キャッシュレス・消費者還元制度」5%還元実施中です

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • instagram-guide-001

© 2018 一般社団法人 日本母親支援協会

​​日本赤ちゃん学会 正会員

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン