ベビーベッドで頭が挟まり窒息事故

消費者庁HPより

ベビーベッドの床面下にある収納スペースの扉が開き、布団を敷く床面との間にできた隙間に、
生後8カ月の乳児が頭部を挟まれて窒息死する事故が今年6月、都内で起きていたことが分かった。

9月にも同様の事故が都内であり、9カ月の乳児が重体となった。扉のロックが不十分だったのが原因とみられる。

多くのメーカーが同構造の製品を販売している。利用者に同庁は「確実にロックをかけて」と呼び掛けている。
 

ベッドはいずれも乳児を寝かせる床面の高さを3段階に調整できるタイプで、事故時は真ん中の高さに設定されていた。

​扉のロックが不十分だと、乳児が寝返りを打って扉にぶつかるだけで扉が開いてしまうことあるため注意が必要だ。

​2件の事故は、ロックのピン穴に正しく差し込まれていなかったとみられる。

ベビーベッドを使っている家庭は、もう一度構造を確認した上で、扉を開け閉めするたびに扉を手で引っ張るなどしてロックが掛かっていることを確認すること。

ロックが壊れている場合は使用を中止することなどを呼び掛けている。

参照 東京新聞2019年11月16日

アカウントをpaypalに登録すれば最大1000円クーポンプレゼント!!「キャッシュレス・消費者還元制度」5%還元実施中です

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • instagram-guide-001

© 2018 一般社団法人 日本母親支援協会

​​日本赤ちゃん学会 正会員

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン