赤ちゃんの頭はどんなにおい?化学的な解明が“育児放棄の防止”につながるワケを聞いた

 

赤ちゃんはいい匂いがするとよく言われるが、そんな赤ちゃんの匂いに関する化学的な研究を、神戸大学大学院理学研究科の尾崎まみこ教授らが発表しました。

  • 「生後1時間以内の赤ちゃんの頭のにおい」、

  • 「2、3日後の新生児の頭のにおい」、

  • 「羊水のにおい」

 

を模した調香品を作り、出生後の時間経過による「におい」の変化や羊水の「におい」との違いを人がどの程度識別できるかを62名の成人男女でテストして調べました。
 

その結果、新生児の頭と羊水の匂いは、それぞれ化学的に違いがあるだけでなく、感覚心理学的にも識別可能であることが判明。また、生後の時間経過とともに新生児の頭の匂いは、感覚心理学的に判別できるほどに変化していくことがわかりました。

 

 

爽やかフルーティーな中に少し脂っぽいにおい

――赤ちゃんの頭のにおいはどのようなにおい?

「減速概して良いにおいとの評価が得られています。爽やか、フルーティーな中に、少し脂っぽいニュアンスをもつにおいです」

――「生後1時間以内の赤ちゃんの頭のにおい」「2、3日後の新生児の頭のにおい」「羊水のにおい」はそれぞれどのようなにおい?

「匂いの言語表現は難しいです。新生児に比べ経日児の匂いは、脂っぽい匂いが増す分、爽やかやフルーティーな匂いから、穏やかな温い厚みのある匂いに徐々に変化していくようです。羊水の匂いは実物を嗅いで頂かないと言葉で伝えることはできないです。よく想像されがちな生臭い、獣臭いにおいはしません」

尾崎教授「育児放棄防止などに繋がれば」


――赤ちゃんの頭のにおいを化学的に解明したことは、どういったことに活かすことができる?

「赤ちゃんのにおいに総じて好ましい、あるいは、やさしい感覚を誘起する働きがありそうだということが、心理実験から分かったことが大きな成果です。この研究が、深刻な社会問題となっている育児放棄や愛着問題などに対する提言、防止策などに繋がっていくと期待されます。赤ちゃんは“もともと「嬉しい」などのポジティブな感情を親が持つようになるにおい”を発しています。つまり、親が穏やかにそのにおいに接する機会を多く持つことで円滑な育児ができるようになる可能性があります」

今回の研究で、赤ちゃんが“ポジティブな感情を親が持つようになるにおい”を発していることが分かった。このにおいを活用できるような研究が進むことで、育児放棄などの防止となり悲しい事件がなくなることを期待したい。

FNN PRIME 2019年10月29日

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • instagram-guide-001

© 2018 一般社団法人 日本母親支援協会

​​日本赤ちゃん学会 正会員

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン