​夫がイクメンに大変身

before

3/20 10:50

子どもが生まれてから今までの間に、定時で帰宅できたことがない主人の言葉は、私には信用しづらいところがあります。

 

二人で頑張る、その時になったらやると言うなら、「今でもこれだけ分担してやれるんだから大丈夫」と思えたらいいのですが…。

 

息子が発熱で入院した時も、ロタウイルスで熱性痙攣が出た時も、私と息子がノロウイルスにかかった時も、主人に甘えられるような状況ではありませんでした。

 

今は私が専業主婦なので一人でやろうと思えばやれますが、核家族の場合、職場復帰したら、主人も私も精神的体力的にしんどくなり、夫婦間がピリピリして、それが子どもに悪影響を与えるのではと心配しています。

 

今でさえ、私が主人にイライラすることが多く、険悪な雰囲気になることもあるのに(-.-;)

after

 

10/17 11:08
柴田さん、おはようございます。◯◯です。

お返事いただきありがとうございましたm(__)mおっしゃるように、長男中心の生活にしたいと思います。ありがとうございました。

また、父親向け新刊本を紹介いただき、ありがとうございます。主人は柴田さんのイクメン講座のおかげで、自慢できるほどいいパパになってくれています。

長男も主人が大好きで、私の入院中には、主人がいることが精神的な支えになっていました。

 

ですが、いいパパであるがゆえに、父親と母親の役割分担について考えていかなきゃな…と思っていました。

新刊本、またフォームから申し込みさせていただきたいと思います。

…後略…

12/28 10:10

​…中略…

今朝は雪が積もりました。主人は、長男と雪遊びをしようと張り切って準備をしています。長男が生まれた頃と比べると、本当に別人です。

元々子ども好きな主人でしたが、以前は休日だけのパパで「平日は育児はできないと割り切ってくれ」と言い、休日もテレビを見てダラダラ…でしたが、

 

 

今では平日でも毎日長男をお風呂に入れて寝かしつけまでしてくれます。

 

子ども2人を預けて外出しても、今の主人なら大丈夫です。

 

 

イクメン養成講座を実践していくうちに、変わっていきました。本当にありがとうございましたm(_ _)m
 

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • instagram-guide-001

© 2018 一般社団法人 日本母親支援協会

​​日本赤ちゃん学会 正会員

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン