「ゲーム1日60分」条例

​NHK NEWS 2020年1月20日

18歳未満の子どもは、スマートフォンの1日の使用時間を平日は60分
 


インターネットやゲームの依存症対策として、条例制定を目指す香川県議会が示した素案の内容。

 


「目安があるといい」という保護者の声がある一方、ネット上を中心に反発する声も上がっています。

 

香川県議会が1月10日、初めて示した素案のポイントは、スマホの使用時間の制限を示していることです。
 


対象は18歳未満の子どもで、依存症につながるようなスマホやパソコン、ゲームなどの使用について、


▼1日あたり、平日は60分、休日は90分を上限。
▼夜間の使用は、中学生以下は夜9時まで、高校生などは夜10時まで、

 

としています。ただ罰則の規定はありません。


対象はあくまで「依存症につながるようなインターネットやゲームの利用」としていて、学習目的の使用は制限していません。

 


さらに、


▼依存症治療の医療体制を県が整備すること、
▼依存症の知識をもつ人材を県が育成すること、

 

なども盛り込まれています。
 


香川県によると、成立すれば全国の都道府県では初めて、ゲームの依存症に特化した条例になるとしています。

 


ゲームのし過ぎは “病気”になる。
 

背景には、ゲームに深く依存することへの懸念の高まりがあります。

WHO=世界保健機関は2019年、医療機関での診断や治療を必要とするけがや病気などの国際的なリストである「国際疾病分類」に、「ゲーム障害」を新たに加えました。
 

一方で、インターネット上では、素案に対するさまざまな意見が飛び交っています。
 

  • 「子供のゲーム依存に本気で悩む親御さんにとっては、評価できると思う」

  • 「好きなゲームが子供の未来を奪う病気として扱われるのは嫌だから応援したい」

  • 「ゲームうんぬんよりも各家庭の個人の私生活に行政が首を突っ込んでくる恐ろしさ」

  • 「友達とゲームの進捗で盛り上がったり、競ったり、かけがえの無い時間だと思うんだけどね。勉強させたいなら、なんで勉強を面白くする努力をしないのかね?」

  • 「今後リリースするゲームは注意文に、『このゲームは香川県でのプレイは想定していません』って書かないと」

 

 

などなど。さまざまな意見がある中で、対戦ゲームを競技として行う「eスポーツ」は、世界で若者を中心に盛り上がりを見せています。
 


茨城県の県立大洗高校では去年4月に「eスポーツ競技部」が創部されました。きっかけは生徒から「部活動としてやりたい」と教員に相談があったそうです。
 


生徒たちは学校を説得するために自分たちで活動方針を作って提出したといいます。

活動方針
▽学業に専念し成績の維持・向上に努める
▽学校の校則に従い高校生の本分に従って活動する
▽体力向上・健康に留意して活動する

 

 

現在部員は5人で、全体の活動は毎週水曜日の午後4時から2時間。

 

学校によると、これまで学校の成績が落ちた部員はおらず、声を掛け合ってゲームをプレーしたり、ゲーム後、反省点を洗い出してその後の練習メニューを決めたりして、コミュニケーション能力が高まったのではないかと感じているそうです。

 

ゲームやネットの依存に詳しく、学校などで講演を行っている遠藤美季さんはこう話します。

 


「ゲーム依存症は、家庭環境や親子関係、経済状況など多くのことが関係するので、問題の根本は利用時間だけではないと思う。また、大人のゲーム依存症の相談も多いので、子どもに限った条例には不公平感があるのではないか。子どもが将来の職業としてIT関係などに就くことも考えられ、親が子どもの特性や性格なども見極めてしっかり話し合い個別に約束事を決める必要があるのではないかと思います」

香川県議会では今後、委員会を開いて、一部の文言を修正したあと、ホームページなどで県民に意見を募る予定です。
 


その結果も参考にしたうえで、委員会は2月定例県議会に条例案を提出したい考えです。
 


あなたはどう考えますか?

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • instagram-guide-001

© 2018 一般社団法人 日本母親支援協会

​​日本赤ちゃん学会 正会員

  • ameblo
  • YouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン